2015/07/05

【日本未導入】アジア用ミニバン、トヨタ・イノーバはタフで便利な働き者|アジア全域

toyota-innova
ASEAN地域では中間所得層の急激な増加が、大きなビジネスチャンスを生み出そうとしています。日本の自動車メーカーも例外ではなく、新興市場向けの戦略車種を作り出し、シェアの増加に努めています。今回はTOYOTAがアジア地域で販売をするミニバン、イノーバをご紹介します。




FRベース。TOYOTA INNOVAのマニアックなポイント

toyota-innova2
日本で走っているミニバンと比べると少々”古いスタイル”を感じさせてしまいますが、多くの人が”普通”を感じるデザインだと思えば納得出来る気がします。トヨタと言えば80点主義とも良く聞きますので、カローラなり、プリウスなり、どの車も似たような傾向にある気がします。そんな普通な印象を持つイノーバにも、変わった特徴があるのです。


1.トラックと共通のシャシー
2.FR(後輪駆動)
3.8人乗り


日本であればFF、モノコックが当たり前のトヨタですから、大分異色の設定である事がわかります。また、地上高が高いので、多少荒れた道でもグイグイいけてしまう部分も、日本であれば見られない特徴の一つです。タイヤの設定も205/60R15との事で、一時代前のRV車と同じ程度の大きさになっています。

使いやすさ優先の内装

img
(TOYOTA Malaysia HPより参照)
設定からして『どこでも使える道具』の色が強い車ですが、内装も道具としての機能はもちろん、「安くなりすぎない」工夫が加えられています。グレードによっても異なりますが、高いグレードだとベージュ色の内装や、木目調の装飾、リアクーラーなど、日本でもありそうな装備となります。タクシーグレードですとビニールレザーシートになったり、プラスチック部品が増えます。

アジアと言っても先進国から途上国まであるので、国によってエンジンからエンターテイメント装備まで変更されているのが面白い点でしょう。写真のマレーシア仕様は日本でもあまり見ないワイド画面のナビが装備されていますが、ベトナムだと大抵は1DIN〜2DINのUSB/AUX付オーディオがついており、スマートフォンをつないで音楽を聴くドライバーも増えきています。




7人までは普通に乗れる / 値段はそこそこ高い

全長約4,600mm、幅約1,800mmであり、エンジンルームもそこそこ大きくとってある分、室内の余裕は日本仕様のミニバンには劣りますが、実体験として3列目もごく普通に乗車する事が可能です。流石に大人が3人並ぶのは厳しいので、実質的に7人までであれば実用出来るでしょう。もちろん3列目を使ってしまうと、荷物のスペースはほぼ皆無になってしまいます。

値段は概ね日本円で250万円〜。何を基準にするかは迷うところですが、日本のミニバンに比べれば渋い仕様ですから、少し高いのでは?と言う印象があります。

MTと合わせて耐久性抜群

アジア地域全体で見れば4ATも販売されていますが、私が良く見るのは5MT仕様ばかりです。恐らく耐久性や整備性を考えての事と思われます。たまに古い個体のオドメーターを見るのですが、20万kmレベルがザラです。頑丈な仕様の車体と、古き良きマニュアルミッションがあれば、多少値段が高くても元が取れるのかもしれません。

仕様が仕様だけに、乗り心地はそこそこですが、道がガタガタでもこの車なら大丈夫と言う安心を感じる事が出来るのは大きな魅力でしょう。私が良く行く国では「石を投げたら当たるほど」走っていますので、アジア好き、なおかつ車好きなら一度は乗ってみたいものです。




こちらの記事もお役に立てるかもしれません