2015/05/06

【日本未導入】JAGUAR XF SPORTBREAK ジャガーXF スポーツブレーク ドライブレビュー

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク日本未導入モデル
ドイツにて、日本未導入モデルの”ジャガーXFスポーツブレーク”を借りる事が出来ましたので、ご紹介をしていきたいと思います。




ジャガーXF スポーツブレーク(ステーションワゴン)の基本スペック

  • グレード:XF SPORTBREAK LUXURY
  • エンジン:2.2リッターターボディーゼル(163馬力)
  • トランスミッション:8速AT
  • 足回り:後輪駆動FR、オプションの18インチアルミホイール、後部足回りエアサス
  • 値段:500万円〜(欧州価格)


1.外観・デザイン

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク日本未導入モデル2
一見して巨大!と引いてしまった立派な外装です。色はキラキラと輝く黒。ジャガーを全く知らない私でしたが、素直に”カッコイイ車だな〜”と引かれます。特に気に入ったのが、押しの強さと上品さが合わさったグリルと、流れるようなデザインの18インチホイールです。

BMWやベンツに比べると全体的にシンプル過ぎるのかもしれませんが、こう言った車はゴテゴテと余計なラインを作らず、上品な方が”ドライバーの品”も高く見えるのではないかと思います。

2.内装

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク内装
内装は流石の高級車。全てが驚きです。まず特徴的なのがエアコンの吹き出し口。「どこから風が出るんだ??」と迷いながらエンジンをかけると、なんと吹き出し口がオープン。まさかの開閉式です。特段意味があるようには思えませんが、なんだかすごい!と感じます。

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレークシート
次に感じるのはレザーシートや木目の美しさです。以前レクサスにも乗ったことがありますが、落ち着き・自然さが一歩上をいっています。

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレークナビ
ナビは最近なりがちなコマンダー方式では無く、通常のタッチパネル方式。私はコマンダー方式は格好ばかりで操作性が悪いと思いますので、普通にタッチパネルで安心しました。

画面上でエアコン、ナビ、オーディオ類の操作が可能です。どれもソフトウェアの設計がなかなか良く、日本のナビに慣れた私にも違和感がありません。地図も今回借りたドイツだけでなく、欧州各国分が内蔵されており、国を越えた行き先設定が出来るのは嬉しく思います。

オーディオについても機能的で、Bluetoothが内蔵されているので、ペアリングしてiPhoneの音楽を再生すれば車のスピーカーから音楽が流れます。少々残念なのは音。ジャガー純正バージョンですが、とにかく音が軽い。調節してもキンキンしていて厚みが出ません。剛性はある車だと思うので、単純に音響のセッティングがイマイチなのかもしれません。

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレークパーキングブレーキ
こちらはドライブセレクターとパーキングブレーキ。エンジンをかけると、一番奥のセレクターが下から這い出してきて、回転させるとドライブレンジに入れることができます。また電子パーキングブレーキは引けばONになります。

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレークメーター
一箇所残念だったのはメーター。先の内装に比べるとなんとも安っぽいのです・・・。高級に見えないメッキや青い線が全然イメージと合っていませんし、真ん中の液晶は大きいものの、うす〜い感じの表示で少し古臭さがあります。私が乗っている三菱車の方が、色が綺麗で見やすいです。

内装についても見た目はシンプルですが、ゴテゴテと色々なスイッチが付いている他の欧州車に比べると、落ち着いていて大人っぽさがあると感じます。

3.運転した感想

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク
ハンドルは敏感すぎるほど実にクイックに反応してくれます。カーブでは良いですが、高速だと反応が良すぎて直進を維持するに少々気を使います。また幅が大きく前も見え辛いので、その点で大分疲れてしまいました。高速の道路工事をしている場所では車線幅が2.0mを切ってしまいます。この車は1.9mですから、とにかくギリギリ・・・。駐車にも気を使います。もちろん小回りもまったく効きません。

加速については全く文句なく、ディーゼルらしい大胆な加速です。8ATはスムーズですし、時折パドルシフトを使って加速すると、”ドーン”と巨体が突き進んでいきます。普段はジャ⚪︎コのかったるいCVTでイライラするので、やっぱり多段ATはいいな〜と楽しい気持ちになります。




4.乗り心地

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク
高級車と言うことで”フワフワ”な乗り心地かと思ったのですが、そんな様子は全くの皆無。バシッとした安定感があり、椅子と車体の間にもう一枚鉄板が挟まれたようなそんな感覚を持ちます。

しかし一方で路面の凹凸は思ったよりも拾います。たまにコトコトと振動を感じるのです。18インチだからと言うこともあると思いますが、運転が好きな人にとってはコントロールしやすいので良いのではないでしょうか。

一点残念だったのはビビリ音。少々路面が荒れた部分があったのですが、共振して内装からビビリ音が出たまま止まらなくなってしまいました。見える部分と見えない部分の差を感じてしまいます。

5.全体の感想

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレークステアリング
私は横幅の大きさや、”価格が高い”と言う印象から緊張して運転に疲れてしまいましたが、車の出来としては価格相応良いものだと感じます。一番良かったのはデザインとディーゼル・多段ATです。日本車は燃費燃費で出足を意図的に鈍くされた車が増え、自然な運転が出来なくなってきています。一方こちらは思い通りのまま自然に動いていきます。

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク給油
1.8トンもある車体で160kmまで出して、思い通り運転をして、トータル燃費は”リッター18km”です。ディーゼルと高速走行のセットだからこそ出る燃費だとは思いますが、日々燃費スペシャルのガソリン車に乗っていてもなかなか出せない燃費ですので、やはり感心してしまいます。

日本ではディーゼル車もスポーツブレークも売られていないようですが、デザイン面でも機能面でも実にもったいない事です。こんなに上品で良い車があれば、一生懸命お金を貯めて乗ってやる!と、もっと頑張れるような気がします。




こちらの記事もお役に立てるかもしれません