2012/11/25

【交通ルール】スクールバスが動くまでは絶対停車!追抜き禁止ルールに要注意:世界の交通ルール

International School Bus dave_7 スクールバス
International School Bus dave_7
私は学生の時学校がさほど遠くなかったため徒歩で通っていました。地方出身の方に聞きますと公共のバスや列車、自転車とお答えになる場合がほとんどです。さてアメリカやカナダの場合は”スクールバス”が重要な登校の足となっています。子供達の安全を守るために、一般の自動車運転手にもバスに関連した重要な交通ルールが存在するのです。



スクールバス停車=一般車も停車

重要なルールとは”スクールバスが停車した場合は、後ろの車と対向車は止まらなければならない”と言うものです。

schoolbus-traffic-stop-law スクールバス停車ルールの解説
解説図の黄色がスクールバス、青い車が一般車だと考えて下さい。スクールバスは路肩に停車して乗降を行う時に赤いシグナルとSTOPと書かれた看板を展開します。シグナルが出たら後ろの車と対向車は、その掲示が消えるまで停車して待ちます。

日本においても多いのですが、下車後に乗客がバスの前後から飛び出して跳ねられるケースがあります。子供は特に事故確率が上がりますから、意図的に両方向に進行する車を停車させることで事故をゼロにすることが出来るのです。

なお州によって細かなルールは異なりますが、片側二車線以上の大きな道でも止まらなければならない場所もあります。破れば立派な交通違反ですので、十分にご注意ください。



こちらの記事もお役に立てるかもしれません