2015/05/25

【交通ルール】もしも警察に止められたら・・・:世界の交通ルール

hk-police
楽しい世界でのドライブ。普通にドライブしていても、運悪く警察に止められる事があるかもしれません。そんな時の正しい対処方法とは??



警察の指示に従う

もしも後ろから来たパトカーや白バイに停車させられた場合、日本人の感覚だと「とにかく話を聞こう」とドアを開けてしまう事があると思います。高速道路であれば話は別ですが、一般道であれば、向き合って話そうと感じてしまう事があると思います。

しかし海外の場合は不用意な動きをすると、事態を悪化させる事になりかねません。例えばアメリカは銃社会ですから、怪しい動きを『反撃』ととられる事もあるのです。

とにかく停車して動かない

1.車を停車させ、エンジンを切る。
2.手は見えるよう、ハンドルの上に置いておく。
3.指示に従って窓を開けたり、免許証の提示を行う。もしレンタカーであれば、その旨も伝える。


上記の動きを落ち着いて行えば、トラブルになる事はありません。スピード違反や車間距離の取り締まりはどこでもやっている事ですので、とにかく”違反になるような事はしない”のが、トラブル防止への第一歩です。



こちらの記事もお役に立てるかもしれません