2015/04/28

【最終日】ジャガーで1000km走破。レンタカーの返却で一苦労(アウトバーン疾走1000km ドイツ〜デンマーク高速道路ドライブの旅 Day3-Part3

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク
前回からの続き。エアバスの工場を心ゆくまで見学した私。飛行機は夜発なので、ゆっくり空港に向けて最後のドライブを楽しみ、早めに返却をします。アメリカであれば簡単なレンタカーの返却ですが、ドイツでは”バー”に阻まれます・・・。



ジャガーXFで悠々1000km走破

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク2
エアバス工場を出たのが、午後2時ごろ。経由地のドバイ行きの便は15時と夜中の便なので、当然午後の便は間に合いません。待ち時間が暇になってしまいますが、仕方なくゆっくりと空港へ向けて前進します。

eu-green ヨーロッパの平原
旅を振り返ると、最終日はいつも寂しくなります。今回は初めてのヨーロッパ。もっと暗いかな〜と思えば、毎日が晴れ渡り、気温もちょうど良いものでした。日本の緑も美しいですが、広大な平原の緑は雰囲気が異なり、感慨深いものがあります。

ジャガーのディーゼルは超低燃費だった

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク3
それにこの高級車。重厚な革シートは、いつものペラペラな国産車とは全く違います。特徴のある車に追加料金無しで乗れて、本当に良かったです。

jaguar-xf-sportbreak ジャガーXFスポーツブレーク4
最後の走行距離は1000kmオーバー。途中10リットルほど継ぎ足しましたが、それを差し引いても大分燃料が残っている事が分かります。日本式に計算するとリッター18km!シボレーアベオやFIAT500を借りてきた私ですが、まさか一番巨大で重い車の燃費が一番良いとは思いませんでした。




空港で間違ったゲートに突入する

hamburg-airport
無事ハンブルグ空港へ戻ってきましたが・・・・レンタカーの返却口を間違えてしまいました。ゲートをくぐって入ることは出来たのですが、何故か出ようとすると開かない!!袋の鼠です笑。

仕方なく近くにいた管理人のお兄ちゃんに「間違えちゃったよ」と言ったら、「おい、おい、ちょっとこのバーは開かないぜ〜」と呆れ顔。うーんと言いながら、適当に色んなリモコンを弄ってくれ、無事オープンしました。いやー開かなかったら危なかったです。

あとは正しい返却場所に行き、スタッフの指示に従ってサインすれば終了。『合同の返却場所』なので、どの会社で借りても同じ場所に返します。合理的だし早い。やはり海外のレンタカー文化の方が進んでいるなと実感します。

ドイツの人々はとても陽気だった

hamburg-airport2
german-sausage
この旅の印象として、『ドイツ人は皆陽気で親切だった』、『ソーセージの美味しさは日本の比較にならない』の2つが挙げられます。

”Nice Car!!”とジャガーを褒めてくれたり、エアバスの人は一生懸命盛り上げようと話しまくるし、とても明るい感じがしました。真面目で明るいって、最も見習うべき基本じゃないかと感化された部分があります。

日本もちょっと前まではドイツ人と同じだった気がするのですが、ぶつかっても謝らないような『大人、特に中年男性』が増えて”真面目さが消え”、次はお金が増えない?との理由で”暗く”なっています。

ドイツも決して好景気では無いと思うのですが、基礎を忘れず真面目にそして明るく生きています。もちろん全員とは限りませんが・・・。今の日本が思い出すべきは、そんな基本のキの字では無いのだろうかと考える次第です。

さて次は最近話題のエストニアにでも行ってみましょうかね!しばらく欧州にハマってしまいそうです。



関連記事

【ジャガーXFワゴン】ドイツの空港でジャガーをレンタルする(アウトバーン疾走1000km ドイツ〜デンマーク高速道路ドライブの旅 Day1-Part1)|ハンブルク ドイツ

Day1-Part1】【Day1-Part2】【Day2-Part1】【Day2-Part2】【Day2-Part3】【Day3-Part1】【Day3-Part2】【Day3-Part3】

こちらの記事もお役に立てるかもしれません