2012/10/08

【マウントレーニア】2012年シアトルドライブの旅⑤ Day5-Mount Rainier-

mountrainier
マウントレーニアと言うコーヒーはご存知ですか。チルドコーヒーの牽引役とも言える飲み物ですが、そのロゴに描かれた山はもちろん実際に存在します。事実上最終日となるこの日はMount Rainier National Parkでハイキングをすることにしました。



Day5-Mount Rainier National Park-

mountrainier_detour
まずは道中給油してから130キロほど走ります。給油所のオヤジにFIAT500を「Nice car!!」と褒められる・・・早速自分の車だと嘘をつきました笑。

嘘をついたせいか国立公園への道が通行止になっています笑。私が「 DETOUR(迂回) 」との看板を見落としたのが原因です。いちお山岳道路ですので、行かれる方はナビ+看板でご確認ください。

alder_lake
迂回路を抜けるとすぐにAlder lakeが広がります。美しい。私が止まっていたので、後から来た車も停車。気づきの御礼にサンキューサインされました。

mountrainier_park_gate
国立公園のゲートに到着。入場料車1台15ドル(1week)を払います。もちろんカードで素早く決済。

mountrainier_2
非常に快適なワインディングロードな上に、車も思ったよりグイグイ曲がってくれるので良い感じです。あるカーブの先に突然山が見えてきました。あまりの美しさに感動。

paradise_hotel
30分ほどでパラダイスと呼ばれる富士山の五合目みたいな場所に到着しました。ここで装備を整えてハイキングを開始します。パークレンジャーの人に相談してコースを選択。ホテルもあるのですが非常にオシャレな構造です。

mountrainier_4
選択した道はSkyLineTrailとDragonTrail。二つの道を組み合わせて3時間程度で回ることが出来ます。

mountrainier_4
mountrainier_5
mountrainier_6
ここの由来は初めて来た人が「パラダイスみたいや~」と感嘆したのがきっかけだとか。登る手前の草原はまるでハイジだし、ちょっと行けば氷河に滝、周りを見渡せばどこまでも続く山々・・・と飽きが来ません。

mountrainier_shoes
mountrainier_snow
mountrainier
mountrainier_7
途中知らないおじさんが自分撮りしたそうな顔をして立っていたので、声を掛けて撮りっこすることにしました。私の写真も自分ので撮っていたので、帰って家族に「アジア人と交流したぜ」と自慢するはず!

野生動物を間近で見られる

mountrainier_animal
mountrainier_animal
流石国立公園、こんなにも近くで動物達の生活を観察する事が出来ます。リスはディズニーのあれに似ていますね。下の動物は一体・・・?。道の真ん中に座っていて、こちらに向かって走ってきました。動く前に必ず尻尾がピョンと撥ねます。面白い。

mountrainier
mountrainier
mountrainier
あまりにも道が快適なので下りは少々走り気味に。大きな荷物を持った人達は岩壁でも登るのかもしれません。必要な時間からして、日本人は無職か自営業にでもならないと出来ませんね。

mountrainier_8
mountrainier_entrance
とういことであっという間の4時間でしたが、自然を満喫することが出来ました。日本ではなかなか味わうことの出来ない貴重な経験だと思います。

東京から箱根位の移動時間でこんな所に来れてしまうなんて・・・やはりアメリカは大きな国です。

grilled_salmon
seattle_sunset
疲れてはいますがゆったりと運転して街に戻ります。最終日なので海辺のカフェレストランでアラスカサーモンをいただきました。身が大きくてとても美味しい。野菜も甘くて新鮮さが分かります。

酔っていたためか、アフリカ人が寄ってきて「家族に土産を買う金をくれ」とか言ってきました。もちろん拒否。私が稼いだ金は1セントだって渡す理由がありません。ほどこしは人を甘やかすだけです。

さて最後はアメリカの痛い面を見てしまいましたが、それでも嫌いになれないのはこの国の面白さでしょう。



関連記事

2012年シアトルドライブの旅⑥ Day6-帰国-へ続く

Day1】【Day2】【Day3】【Day4】【Day5】【Day6】【Day7

こちらの記事もお役に立てるかもしれません