2016/10/05

【日本未導入】プロトンペルソナ PROTON PERSONA マレーシア国産の格安セダン

プロトンペルソナ Proton Persona
ASEANで車と言えば、タイとインドネシアが二大製造拠点になっていますが、実はマレーシアには以前から自動車メーカーが存在します。その名もプロトンです。今回はプロトンの中級セダン、ペルソナをご紹介します。




三菱自動車と関係の深かった国策会社プロトン

ペトロナスツインタワー Petronas-twin-tower
日本の教科書にも登場するルックイースト政策とマハティール首相。1980年代の初頭にマレーシアを近代国家へと導いたマハティール首相の肝いりで誕生したのがプロトンです。当初は三菱自動車のランサーやミラージュをコピーした自動車を生産していましたが、近年は自主開発の自動車を主に製造販売しています。

ランサーをコピーした自動車は”プロトン・サガ”と言い、マレーシアではタクシーなどで良く見かけるのですが、聞いたところによると原型より”鉄板が薄くしていた”のだとか。コストを抑えるようにしたのでしょうが、それを知っていた日本人は乗りたがらなかったとの逸話もあります。




プロトンペルソナ(旧型)

プロトンペルソナ Proton Persona2
現在のプロトンは6車種ほどの自動車をラインナップしていますが、下から数えて2つ〜3つ目の位置付けにあるのがペルソナです。エンジンは1.6リッター。お値段は46,000マレーシアリンギット、今のレートで120万円ほど。新興国でお馴染みのトヨタVIOSやホンダのCITYと同価格帯ながら、排気量にフォーカスすると一歩上をいきます。

てっきりマニュアルミッションや4ATのみのラインナップかと思えば、オートマチックとしてCVTを採用しています。アジアでは圧倒的にマニュアルやノーマルのオートマチックミッションが多いので、とても珍しい事例と言えます。

プロトンペルソナ Proton Persona3
外観は少々アンバランスで価格相応と言ったところですが、後輪ブレーキにはディスクを採用し、タイヤはグッドイヤー製。必ずしも格安スペシャルな構成ではありません。

n-per

【プロトン公式WEBページより】
ペルソナは最近モデルチェンジをしていますが、デザインに面影を残しつつ室内の広さを重視した形に変化しています。割安感を前面に出すためか、プッシュ型のエンジンスイッチや6エアバッグ、USBチャージャー、ナビゲーションシステムなど多彩な装備をするグレードもあります。

装備やエンジン出力を見れば「これで120万円程度なら安い」と思えますが、残念ながら肝心の品質が良くはないらしく、マレーシア国内でNo.1を誇ったシェアの低下が止まらないとのこと。現地ではレンタカーでプロトン車を借りる事も出来るとの事ですので、珍しい車の一台として是非試してみたいものです。




こちらの記事もお役に立てるかもしれません