2015/11/07

【INFINITI】Infiniti Q30 コンパクトジャグジュアリー車(フランクフルトモーターショー2015#9)

infiniti-Q30 1
日本では馴染みの薄い、日産発の高級車ブランドINFINITI(インフィニティ)。新登場のQ30のデザインの良さはもちろん、ブランドの差別化を徹底する姿が印象的です。




トヨタ隣接のレクサスと、別々のインフィニティ

infiniti-Q30 2
インフィニティは日本以外の海外で展開される高級ブランドです。トヨタのレクサスやホンダのアキュラと同様の位置付けとなります。日本ではそこまで富裕層の市場が無いか、ヨーロッパ勢に勝てないと判断されているのか、”出る出る”と報道されつつ、結局登場していません。

唯一の例外がスカイラインです。スカイラインは他国ではQ50と言うインフィニティブランドで発売されており、日本のスカイラインもフロントのバッジだけはそのまま残されています。市場調査的意味合いが強いのか、それとも単純にそのまま売った方がコストが低かったのか??よく分かりませんが、日本でのブランドイメージは皆無と言って良いでしょう。

特徴的なのは、トヨタとレクサスが隣同士で展示していたにも関わらず、インフィニティは日産と別の建物で展示を行っていた点。ラグジュアリーブランドですから、ユーザーからすれば後者の方が好印象ではないでしょうか。




コンパクトラグジュアリーQ30

infiniti-Q30 3
展示場でかなりの台数が置かれていたQ30。後で調べるとまだ発表されたばかりとのことで、来年発売予定の車でした。公開情報は限定的ですが、Aクラス、2シリーズ、A3あたりを意識したクラスとのこと。見た目はコンパクトカーですが、大きく張り出したエンジンルームや大型ホイールが堂々としており、ライバルよりずっと迫力があります。

infiniti-Q30 4
こちらは内装。デザインはなかなかですが、素材はあくまでブランドのエントリーグレード相応と言ったところ。ハザードの白黒ボタンが新鮮です。

infiniti-Q30 5
国道や高速道路ばかり走れれば関係ありませんが、私のように狭い道が多いエリアに住んでいる人にとって、コンパクトカーはとても重要な存在です。個人的にはQ30はサイズ、デザイン共にとても魅力的に見えます。日々”お金のかかったコンパクトカー”がとても欲しいと考えていましたが、日本では安さが優先されるためほとんど選択肢がありません。

需要が無い車は淘汰されてしまう時代ですが、私の経験上しっかりコストのかかったマニアックな車の方が長く大事に乗れるものです。燃費や使い勝手も大事かもしれませんが、節約を考えるのであれば”長く大事に乗れる事”も検討材料に入れても良いように思います。




関連記事

【新型RX】新型LEXUS RXのカッコよさを眺める!(フランクフルトモーターショー2015#4)|フランクフルト ドイツ

こちらの記事もお役に立てるかもしれません