2015/10/29

【VW】意外と影響が薄い?問題発表後でも賑わうフォルクスワーゲンブース(フランクフルトモーターショー2015#7)

vw-group-section-iaa2015
VWの不正ソフト問題は世界を揺るがしていますが、フランクフルトモーターショーのブースはそれにも関わらず多く人で賑わっていました。




実は巨大なフォルクスワーゲングループ

vw-group-section-porsche-iaa2015
フォクスワーゲンは日本ですと、「ゴルフ」や「ビートル」と言った有名車種で名が通っていると思います。グループ全体で見ると実に巨大な組織体で、ヨーロッパでは有名なチェコのスコダ、高価格帯のアウディ、その他にベントレーやブガッティ、ポルシェも傘下に入っています。

vw-group-section-audi-iaa2015
フランクフルトモーターショーではVWが傘下にしているブランドが多いため、巨大な会場に丸ごと全ての企業が収まっていました。ただしAudiは個別のブランドとして人気があるためか、隣にもう一棟別の建物を特設しアピールしています。




影響は皆無に見えるほど賑わうVW展示会場

vw-group-section--iaa2015
こちらはVWブースの中。朝なので人はまばらですが、この後お昼過ぎに再度入場すると、人で溢れていました。皆さん係りの人に詰め寄るわけでもなく、楽しそうに車を眺めています。ここを見る限り、影響はほとんどな無いように思えてしまいます。

vw-police-car
リコールと言うものは個々人よりも、政府等の”大きな組織”に対するインパクトの方が大きいように感じます。以前三菱がリコール隠しをした時に、我が家の車も”エアバックが暴発する”と言うとんでもないリコールの対象になっていました。確かにふざけるな!とは思いましたが、その車が好きだった故にいきなり買い換えようとは思わなかったのです。(三菱車は値段が一気に下がって、売るに売れない方も居たのではないでしょうか・・・)

もちろん被害に遭った方がいる時点で三菱は大きな鉄槌をうけるべき対象であったと思いますが、リコールだけでは会社が消えてなくなることはない事例ではないでしょうか。

販売出来なくなる事が一番の問題

むしろ懸念すべき点は『車を各国で販売出来なくなること』でしょう。そもそもソフトを書き換えたのは、米国の排ガス規制を”まともにクリア出来ない”事が発端ですから、今後もクリア出来なければ販売車種を絞り込む必要に迫られます。またその他の国も排ガス規制を強化する動きは消えませんから、日々の販売面でも、今後の技術面でも追い込まれる事は必須です。

VWほど巨大で研究開発費もありそうな会社ですらクリア出来ない規制が出て来ているとすると、それは既存のエンジンではクリア出来ない問題になっているのかもしれません。つまりVW事件は発端でしかなく、今後対応出来ないメーカーが淘汰されたり、一気にエンジンそのものが消えていく可能性すら示唆しています。今回はディーゼルに限りでしたが、規制を増やせば増やすほど、ガソリンエンジンにも危機が訪れそうです。




関連記事

【Bentleyベンテイガ】”ドラえもん”はベントレーの宣伝もやっていた!(フランクフルトモーターショー2015#2)|フランクフルト ドイツ

こちらの記事もお役に立てるかもしれません