2012/10/08

【カナダ国境】2012年シアトルドライブの旅③ Day3-陸路国境越え-

canada
北米と言えばもう一つ重要な国にカナダがあります。国境を越えればそこにあるのは、アメリカでは無く「女王陛下の国」なのです。今回は車で国境を越え、バンクーバーの街を目指します。




Day3-陸路国境越え。カナダバンクーバーへ-

pikeplacemarket-earlymorning
ferry
朝早く起きたので少し街を歩きます。海辺のフェリーからは大量の車やバイク、人が降りてきました。後で詳しい人に聞いたところ、向こうの人は朝早くから仕事を始め、夕方早めに終わるのだとか。

どこかの評論家が、日本も同じ事をすれば経済が活性化するし、未婚率も落ちると言ってましたが、確かに人生の”使える”時間が増えるのは良いことです。さて早々に朝ごはんを食べて出発します。

interstate-highway5
interstate-highway5-restarea
インターステートハイウェイ5号線(Interstate Highwa5:州間高速道路5号)でひたすら北上します。真っ直ぐ行くと自動的にカナダの入国ゲートに到着する仕組みです。

有り難いのはたまにPAがあること。以前走ったUS101号には無かったので、インターステートハイウェイにはあるのかもしれません。高級車も休んでいるので安全です。トイレも清潔。カナダまで3箇所ありました。

それ以外にも出口毎に給油所とレストランのロゴが掲示されています。高速は無料なので降りて休憩しろという意味。思った以上に親切です。

canada1
canada2
国境ゲートは高速の料金所みたいな感じです。入国管理官の質問に答えるとスタンプを押してもらえます。通訳はありませんので、一言も喋れない人は面倒かもしれません。国境と思われるラインを引いてみました。

アメリカへの入国側は数が全然違う上に時間を掛けるので長蛇の列。外に出て休憩する人続出・・・。空港と同じくDHSのCBPが管轄しております。

バンクーバーからとんぼ帰り

vancouver-bay
・・・・と言うことでせっかく3時間かけてやってきたのですが、この時点で疲労感が著しかった事と、カナダが思った以上にドライな風土で寂しくなってしまい、結局スーパーでメープル系のお土産を買って帰りました!笑。

何だか日本に帰ってきてしまったような空虚さを感じます。緯度が高いのでちょっと寒かったことも大きく影響していると思います。また余裕があれば来てみたいかもしれません・・・・。

seattle-sunset1
seattle-sunset2
居眠りと戦いながらシアトルへ戻ってくると綺麗な夕日が。雨男な私ですが、今回は必ず晴れてくれます。とても嬉しいことです。お昼を食べて居なかったので、先ほど買ったメープルチョコレートを一口。すっごく美味しい。

結局買い物しかしなかったのですが、高速代が無料なので旅費はガソリン代3500円のみでした。東京~郡山と同じ位ですから、いかに安いかご理解いただけるはずです。

washingtonstate-restarea

日本の道って、標識一つとっても豪華過ぎるからコストが高いんじゃないのかな??なんて思ってしまいます。SAなんてシンプルな公園みたいなので十分です。その分日本も料金が安くならないのかな~と思いました。

shintomei-sa
参考:新東名高速道路のとあるパーキングエリア。借金だらけの国が、やたらと豪華な物を作って良いのでしょうか??




関連記事

2012年シアトルドライブの旅④ Day4-Washington University-へ続く

Day1】【Day2】【Day3】【Day4】【Day5】【Day6】【Day7

こちらの記事もお役に立てるかもしれません