2010/09/10

【北米仕様】TOYOTA CAMRY トヨタカムリ ドライブレビュー

toyota-camry-northamerica-8th トヨタカムリ8代目北米仕様
2010年グアム周遊ドライブの旅でトヨタカムリ北米仕様車をレンタルすることとなりました。日本では少々お高いセダン・・・との印象しか無い方も多いことと思いますが、トヨタアメリカの稼ぎ頭とも言える重要なポジションの車です。




TOYOTA CAMRY(北米仕様)の基本スペック

  • エンジン:2.4リッター、158馬力(北米仕様・前期型)
  • トランスミッション:5速AT
  • 足回り:ホイールキャップ装着、前輪駆動
  • 安全性:エアバッグ、ABS、4輪ディスクブレーキ
  • 値段:車体価格およそ22,000ドル⇒ 日本円で200万円ほど(1ドル80円計算)


1.外観

第一印象はデカい!の一言でした。”日本のセダンだ”と電話で予告されていたので、カローラかなと思っていたのです。ところが届くと、国内ではそこそこ上の年代の方が乗る”やや高級車”。まさかグアムでこの車かと素直に驚きました。

如何にもトヨタっぽいデザインで悪い印象はありません。むしろ角が無く、余計な装飾のないシンプルさが私は気に入りました。最近のレクサスのゴテゴテしたものより、こちらの方がセンスが良いのではとも思います。

私の周囲はトヨタ一筋なので元来トヨタは嫌いではありません。確かに面白みのない部分も見えますが、内装のしっかりした感じや、移動手段としての快適性は他のメーカーには無いところです。当時コロナに良く乗せてもらっていたので、今でもその印象を忘れることはありません。

我が家はその後三菱の四駆を買ったので、 ドアノブ一つとっても”何だこりゃ??”とガッカリしたのは私の良き思いでです笑。

2.内装

toyota-camry-interior トヨタカムリ内装
次に運転席へと乗り込みます。初めての左ハンドルだったので、いきなり右側に乗りそうになりました・・・・。カムリは日本でしたら200万円以上はする中堅セダンですから、そこそこの高級感があるものと思っていました。

ところのが乗ってみるといたって簡素。ウレタンのハンドルに、かなり安っぽいウインカー・ワイパーレバー、マニュアルエアコン、内装は地味なブラスチックで、もはや営業車の領域です。

その割にエアコンの操作パネルやシフトレバー等はそこそこしっかりしていて、おまけに自動防眩ミラーと、その横に”方位計!”が装着されています。

ミラーの左横に小さな枠があり、エンジンをかけるとデジタルで”N”や”S”と方位が表示されます。確かにアメリカの道は真っ直ぐどちらかの方角かに行けば辿りつきますから、これで充分なのかもしれません。

3.運転した感想

toyota-camry-meter トヨタカムリメーター
初めての右車線ですので若干緊張しておりましたが、走りだしてみるととても運転しやすいためか、あっという間に緊張が解けてしまいました。2.4リッター&5ATのためかとてもスムーズに加速していきます。がさついた感じは一切なく、あっという間に制限速度まで上がっていくので快適そのものです。

この当時CVT車に乗り換えたばかりだったのですが、”やっぱりCVTはまだまだだな”と思わせるほどでした。燃費の面では不利ですが、技術が確立されて故障の心配が少ないこと、そして回転数を一定に保てることがかえって私にとってはストレスフリーです。

またブレーキが自然でとても良いと思いました。自分の足とブレーキが連動しているかのようで、思ったように制御することが出来ます。四輪がしっかり道をつかんで減速しているような感じがするのです。

もちろんクルーズコントロールは標準装備。後年安い車にも乗りましたが、大抵付いていたので北米では標準装備品なのかもしれません。

4.乗り心地

乗り心地はとても良いと思います。かなり荒れた道もあったのですが、振動がうまくカットされて疲れることがありません。カーブ等が少ない場所ですから、ガチガチの固いサスペンションは必要無いと思われます。

一方乗り心地が良い割には何か”ペラペラ”した感じがします。包まれた感じがしないと言うか、全体的に軽い感じがするのです。しっかりした車だと、鉄に包まれたしっかりとした印象を持つのですが、この車にはそれが皆無です。これだけは不思議でなりません。

5.全体の感想

短い時間ではありましたが全く疲れなかったので結構良い車かもと感じました。一方で”これは間違いなく大衆車だな”とも思いました。

飾ったところが無く、一切疲れる要因が無いからこそ日常生活で気楽に使える良さが見えてくるのでしょう。だからこそ北米では売上ナンバーワンのセダンになることが出来ると仮定出来ます。

日本国内だとちょっとした高級路線での販売ですが、これを高級車として売るには無理があります。かえって”楽にどこまでも行ける”と言う最高の利点を潰しているような気すらします。売る場所によって綿密に味付けを変えるのはトヨタの手法として見習うべき部分ですが、日本の消費者が贅沢になりすぎている証拠なのかもしれません。

parkinglot 駐車場
お店が少なく、国土の広い場所ではやはり車は必要不可欠です。アメリカで電気自動車(EV)を売ろうと言う機運も高まっていますが、走行距離からして不可能に近いと思います。あの距離をクリアするには燃料電池車が本命ではないでしょうか。


こちらの記事もお役に立てるかもしれません