2013/01/29

【航空】ボーイング社工場見学 at "Everett factory":工場見学の方法

test-787
2012年シアトルのドライブの旅② Day2-Boeing Everett factoryの際に、ボーイング社の工場を見学をしてきました。最新鋭のBoeing787やBoeing747-8など各種製造ラインを見学することが出来ます。

私にとって今回が初の飛行機工場見学だったのですが、ここに到達するまでに色々な下調べが必要でした。そこでこちらに見学の方法をご紹介していきたいと思います。




ボーイング社工場見学の基本情報

・ 場所:8415 Paine Field Blvd • Mukilteo, WA 98275(シアトル郊外)
・ 開館時間:8:30~17:30、ただし見学ツアーの最終開始時刻は15時頃
・ 開館日:感謝祭、クリスマス、新年以外は開館 

ボーイング社工場見学の心得

まずは以下のポイントを理解しておくことが大事です。

1.工場見学は有料の予約制であること。
2.自分の足で工場まで移動する必要があること。(オプショナルツアー、レンタカー、etc)
3.工場内は携帯電話・カメラを筆頭に物が持ち込めないこと。

事前準備

最初から工場見学に行きたい!との希望をお持ちの方は、ホームページより見学チケットを購入するの事を推奨します。予約の方が割引になることと、いざ行ってはみたものの見る事が出来なかった・・・と言うのはあまりにも悲しいことです。

なお見学場所は”The Future of Flight”との名称を付けられており、小さな博物館とセットで見学することが出来ます。


●1.ホームページへアクセスする
まずはFuture of Flightのホームページにアクセスします。 基本的には”英語”ですので、苦手な方  は一番下にあるgoogle翻訳のタブで”Japan”を選択して日本語に変換してください。(解説上は英語 版を引用します)

2.Purchase Tickets
続いて右上の”Purchase Tickets”と書かれた画像をクリックします。すると諸条件が書かれたページが出てくるので、”I agree”にチェックを入れて”continue”をクリックします。

諸条件に書かれているのは次のような事項です
・子供は最低でも122cm以上。
・工場内はカメラの持ち込み撮影禁止。
・見学コースにトイレは無い。
・90分間の見学で解説は全て英語。

3.日付と時間を選び人数を確定する
日付を選択する画面が出てきますので、行く予定の日をクリックします。あくまで”現地時間”ですの で、日本からすると1日戻ることにご注意ください。

続いて見学時間を選択します。9:00~15:00まで7つほどの開始時間を選ぶことが出来ます。私は朝 食の時間や、その他の移動時間を考慮して10:30を選択しました。ちょうど12時に終わって午後も有効に使えるのでおススメです。

次に人数を選択します。大人と子供の人数を入力してください。右側には予約時の金額が表示されます。

4.クレジットカードによる購入
全ての情報を入力すると金額が表示されるので、実際の購入に移ります。VISAカードかMASTER カードの情報を入力して購入してください。合わせて個人の情報も入力します。

5.印刷
決済まで終わると最終の確認画面が表示されます。当日窓口でスムーズに手続きが進みますので、画面を印刷して持って行くことを推奨します。

6.30分前に集合
予約してしまえば当日は現地へ行くだけです。予約時間の30分前には受付に行って手続きを済ませましょう。

●価格一覧(2013年1月1日現在)
繁忙期 (4月1日から9月30日と12月26日から1月2日の間)
・大人:20ドル/ネットで予約した場合:18ドル
・子供:14ドル/ネットで予約した場合:12ドル

閑散期(1月3日から3月31日と10月1日から12月24日の間)
・大人:18ドル/ネットで予約した場合:16ドル
・子供:10ドル/ネットで予約した場合:9ドル




現地への行き方

jal-787-everett-factory ボーイング787
ここまでで見学枠の確保は完了しました。しかし行き方が分からない!と思われる方も当然のことながらいらっしゃることでしょう。続いて移動手段についてご紹介します。

●1.ツアーに参加する
最も安心な方法は一般の観光会社が開いているツアーに参加することです。当然お金はかかりますが、移動に疲れることもなく、落ち着いて見学することで可能です。日本人ガイドのツアーならばなおさらでしょう。

例えばgoogleで”ボーイング工場見学 ツアー”と入力すればいくつか候補が出てきます。概ね日本円換算で1万円程度はするようです。

●2.レンタカー
自分のペースで動きたい方はレンタカーが最適です。最初は緊張するものですが、レンタル時の手続き方法や、独特の交通ルールを理解すればそれほど難しいものではありません。カーナビゲーションをレンタルすれば道に迷うことも無くなります。

長期間借りれば安くなりますが、経験からすると1日4000円はかかっていると思います。ただし高速道路は無料ですし(一部の有料道路を除く)、燃料も安いので追加負担は少な目です。

受付方法と見学の流れ

future-of-flight-country-flag 国旗
予約した時間の30分前には現地に到着するようにしましょう。到着したら建物の中に入り、左側の受付カウンターで入場手続きを行います。予約画面を印刷した物を持っていけばスムーズに手続きが完了します。

続いて開始時刻までに自分の荷物を有料のロッカーに預けます。人が多いと行列が出来ますので、早めに預けておきましょう。

開始時刻になったら指示された集合場所へと向かい、そこからシアターへと入ります。ここで紹介ビデオを見てから、見学ツアーのスタートとなります。


●全体の流れ(約90分)
1.シアターで10分程度の紹介ビデオを見る
2.外に出て大型バスに乗車
3.第一の建物に到着。ここで747-8の製造工程を見る
4.第二の建物へ移動。ここで787の最終工程を見る
5.ビジターセンターに戻って解散
※航空機の種類や回り方は訪問時によって異なる可能性がある


基本的には予約と到着さえ出来れば安心して見る事が出来ます。広大な敷地の中をバスで移動するのは、その風景を見ているだけでも楽しいものです。一生に一度の想い出として是非訪問してみてください。

ボーイング社工場見学の基本情報

・ 場所:8415 Paine Field Blvd Mukilteo, WA 98275
・ 開館時間:8:30~17:30、ただし見学ツアーの最終開始時刻は15時頃
・ 開館日:感謝祭、クリスマス、新年以外は開館
・ The Future of Flightホームページ




関連記事

【航空】The Future of Flight博物館レビュー -工場とセットで見られるミニ航空博物館-|シアトル アメリカ

2012年シアトルドライブの旅② Day2-Boeing Everett factory-

Day1】【Day2】【Day3】【Day4】【Day5】【Day6】【Day7

こちらの記事もお役に立てるかもしれません