2015/03/30

【後期型】三菱自動車パジェロジュニア MITSUBISHI Pajero Jr. ドライブレビュー

pajerojr-late パジェロジュニア後期型1-1
知る人ぞ知る、小型四駆の傑作パジェロジュニア。パーソナルユースにはちょうど良いサイズ、特徴的でまとまったデザイン、20年経った今でもそれは全く色褪せていません。以前パジェロジュニアに乗っていた私ですが、中古で後期型を購入する事になりました。




パジェロジュニア後期型との出会い

pajerojr-late パジェロジュニア後期型1-2
諸事情により足車を探す事となりました。既に一台普通車を維持していますから、予算は大分限られています。最初はパジェロジュニアの原型であるパジェロミニを考えましたが、年式が古い割に値段が高く、パワーのあるターボモデルは走行距離が不安です。

次に考えたのはコンパクトカー。フィットやマーチですね。安い車両は沢山ありますが、『人と同じのは嫌だな〜』と欲が出てやはり決まりません。ストーリアなどのマニアックな車も検討しましたが、どうも決め手に欠ける。もう無いのかと思い始めた時に、ふと”パジェロジュニアがあるじゃないか!”と思いついたのです。

たった1台の”ボロ”パジェロ Jr.

pajerojr-late パジェロジュニア後期型2
早速カーセンサーで調べてみると、近くのエリアで1台だけちょうど良さそうな車体がありました。売られた台数がかなり少ない車ですが、マニアに人気があるのかたまに売り出されては、かなり高い値段で取引されているようです。

実際2015年になった今でも、街中でピカピカになったパジェロジュニアを結構見かけます。登場から20年経ってもこんなに大事に乗られている車があるでしょうか?外車であれば分からなくもありませんが、これは本当にすごいことだと思います。

フライングパグは除外し、フル装備の特別仕様車を選択する

pajerojr-late パジェロジュニア後期型3
限定モデルのフライングパグはまさかの50万円以上ですから除外するとして、早速1台だけのパジェロジュニアを見に行きます。

一目見た感想は”ボロ!”でした。ボンネットの塗装は剥げてるし、所々擦った後は当たり前、あらゆる部分が傷だらけです。またタバコを吸っていたのか内装もやや残念な状況。走行距離がまさかの20,000キロである点が唯一の救い。

普通なら絶対買わないのですが、この1台がこのタイミングで出てきたのも何かの縁。正規の三菱中古車ディーラーさんですが、『錆びている部品や、傷のついたオプションは新品にして、絶対にピカピカにしてお渡しします!』とおっしゃるので、気持ち良く契約を結びました。

パジェロジュニア前期型・後期型の違い

pajerojr-late パジェロジュニア後期型4
一見何の違いも無いパジェロジュニアですが、実は前期型と後期型では大きな違いがあります。一つ目は『ベンチトレーテッドブレーキ』の採用です。これはブレーキディスクを二枚合わせにして、間に放熱のための空間が存在するブレーキです。

前期型よりも熱が逃がしやすくなった分、複数回のストップ&ゴーに強くなったと言えます。以前前期型で1日使っていると、そこまでブレーキを踏んだつもりが無くてもブレーキの効きが悪くなっていました。

またそれに合わせて『アルミホイールのデザインが変わったこと(質感は前期の方が上に見える)』、『後部ワイパーのウォッシャー作動がレバー式に変更されている』など、見ていくと結構変更があるのです。後期の方がカラーの種類が多く、オプションパーツの装着率が高いのもポイントです。もしこれから中古車を買う人は、後期型を狙った方がお得と言えます。

パジェロジュニアオプションパーツの例

・フォグランプ
・フォグランプステーカバー
・メッキミラーカバー
・デジタル表示マルチメーター
・ルーフレール
・ネームバッジ




”近代化改修”で愛着は増したが・・・

pajerojr-late パジェロジュニア後期型5
さてこんな個体は滅多に無いと買ったのですが、色々訳があってわずか1年ほどで再度売る羽目に・・・。ついていないと言えばついていないのですが、その分短い間に色んな場所へ走る事が出来、本当に良かったと思います。初めてフェリーに乗った事も良い想い出です。

今はスマートフォンが十分カーナビになりますし、オーディオ交換も簡単ですからすぐにアップデート出来るのもこの車の良いところでしょう。20年前の車なのに、何故だかすごくシンプルにあらゆる装備が装着出来るのです。

・古野電気 ETC車載機
・KENWOODの1DIN最新オーディオ(CDレスの”シリコンオーディオアンプ”)
・シガーソケット式USB充電コネクター
・スマートフォン固定台


を付けましたが、2万円にも満たないお買い物です。本当はH4切替式のLEDヘッドランプも装着してみたかったのですが時間が足りませんでした。私が18の時に乗っていたジュニアにはナビが無く、カセットを流して喜んでいたのですから信じられません。これぞ”近代化改修”と言えるでしょう。

パジェロミニという名車の存在

pajerojrwithpajeromini パジェロジュニアとパジェロミニ(キックス)
この車はパジェロミニがベースですから、パジェロミニを作った設計者は本当に素晴らしいと感じずにはいられません。同年代の大衆車は古臭いですが、この車に限っては絶対にそんなことはありません。

私の車もなんと”再度売ってまた値段が付いた”わけですが、きっと新しい場所、新しいオーナーのもとで、大事に扱われるものと思います。私の小さな夢ですが、いつかまたまた購入して、フルレストアでもしてやりたいなと考えているのです。私の青春と、今を支えてくれた2台のパジェロジュニアは、2015年になってもまだまだ走り続けています。




関連レビュー

【前期型】三菱自動車パジェロジュニア MITSUBISHI Pajero Jr. ドライブレビュー

こちらの記事もお役に立てるかもしれません